サックヤン-タイ護符刺青-の世界

サックヤンを彫りたい!

入れ終わってから

施術後の注意事項とは

日本のタトゥー業界では血小板などの凝固などを考慮したりして、施術後に施術箇所をサランラップで巻いて乾燥を防ぐなど、いろいろな手法を採ります。
しかし、このサックヤンは、当然美しさも大切ではありますが、根本的な部分では美しさよりもその図柄の意味と法力による効果が最重要なので、施術後に魔法の力を封じ込めたオイルなどを塗ったりする程度で、特になにかをするわけではありません。
ワセリンを塗るとか、抗生物質をくれるとかそういうことは完全に排除され、2010年くらいまでは雑巾で拭いて終わりということもサックヤンの現場では驚くことではありませんでした。

 

サックヤンを彫ってもらったあとは、自分でいくつか注意をしなければなりません。
インクが皮膚に打ち込まれたわけですが、定着していないので下手なことをすると完全にできあがった際に色ムラが発生したりします。
しっかりと自分自身で管理しなければなりません。

 

施術後の注意事項

  • 施術当日は、施術箇所を石鹸で洗ってはいけない
  • 数日間はシャワーなどを浴びる際に強く擦らない
  • かさぶたができても剥がしたりしない
  • 眠っているときに無意識に掻いたりしないように注意する

ホーム RSS購読 サイトマップ